事業概要

令和2年度(2020年度)の活動予定

事業方針

  1. 次の時代を見すえ、大原の諸団体と協力、連携して次代の芽を育てます。
  2. 伝統的な活動を大切にしつつ、次代につなぐ取組みを進めます。
  3. 核家族社会、少子化社会の中、大原地域の活き活きとした社会には多世代間の交流が大切です。その交流を中心活動として進めます。
  4. 新型コロナの影響を踏まえて、今期は会費を集めないこととします。また、多人数が集う行事については、その時々の状況を踏まえて開催の可否を判断します。

重点的な活動

  1. 「里づくり会」や「大人の大原提言」は自治連合会と協力して進めます。
  2. 留学生支援、ハワイ大学と6の交流、水生生物調査は京都大原学院と協力して進めます。
  3. 勝林院支援活動は大原観光保勝会、関係寺院と協力して進めます。
  4. 「大原草紙」に諸団体の行事計画等を掲載し紹介します。また、20 周年を記念した総括を企画
    します。
  5. 老朽化が目立つ看板の修理を行います。

各種団体との連携事業

新型コロナの影響で、以下の行事は中止が濃厚となっています。

  • 里づくり会
  • 水生生物調査
  • 御香水
  • 史跡調査
  • 三千院 万燈会
  • 越中おわら風の盆 鑑賞バスツアー
  • 惟喬親王 御遠忌法要

過去の活動の様子

大原写真アルバム制作

写真集「大原の里」

大原の歩んだ明治、大正、昭和、平成の写真アルバムの作成。(2019年夏に発行)

植樹、登山会など