事業概要

令和3年度(2021年度)の活動予定

創立の原点に立ちかえり

今年度里づくり協会は創設20年を迎えます。(NPO法人認可は2003年4月1日)
発足時、活動目標として

  1. 大原の原風景を守る里づくり
  2. 歴史と自然を守る里づくり
  3. 新しい観光と農業の振興による里づくり
  4. 多世代が楽しく暮らせる里づくり

この4項目を原点に、自主的に活動し、会費を拠出しあって活動を展開してきました。
この出発点に立ち戻り20年の節目の時に新たな一歩を踏み出します。

活動の目標

  1. 新型コロナウイルスと共存する新時代。従来型の活動開催は困難を伴いますが、人は「集まり話し合い、行動する」ことは大切です。新型コロナのワクチン投与、治療方法の確立までの間、活動実施に際しては感染拡大等を避けるため念入りに慎重に取組みます。
  2. 大原地域内の各種団体と連携を強めながら活動を進めます。
  3. 大原の自然環境に魅力を感じ、この環境の中で子育てをしたいという子育て世代が増加しています。空き家探しの支援、里山で協働作業をするなど具体的な行動を通して大原になじめるよう応援して行きます。
  4. 会員の拡大と、活動テーマごとにグループを作り積極的に活動参加出来やすい場を設けて「サポーター制」を幅広く展開します。
  5. 「大人の大原提言」「里づくり会」「御香水支援」「水生生物調査」「惟喬親王法要」等の開催は
    ウイルスの感染①で示したように開催に際しては関係者と協議し慎重に計画実施します。
  6. 里づくり協会結成20周年記念事業については、実施時期、方法などさらに検討します。
  7. 当面、イベント等の経費は参加費、助成金等で賄うことを基本に取組みます。
  8. 新型コロナウイルスの状況を鑑みて、今年度も会費を集めない方針とします。

過去の活動の様子

大原写真アルバム制作

写真集「大原の里」

大原の歩んだ明治、大正、昭和、平成の写真アルバムの作成。(2019年夏に発行)

植樹、登山会など